●画像の作品が現在在庫にない場合もあります そのときは作らせていただきますが、寸分違わぬ同一のものは作れません(一点ずつ手仕事なので、すみません)
●サイズの書いて無いものは画像とほぼ実物大です
● 価格は作品の仕上がり・付属の石・金属価格の変動により前後いたします御了承ください  
もし、お気に入りの商品がございましたらメールで連絡おねがいします 
fumi696969@yahoo.co.jp

ペンたて 一本のペンを立てるがために何故そこまで!! ある意味贅沢の極み

  

pens-1

 

尻尾と手であなたのペンをちゃんと持ってます

猫ガール ペンたて
¥4800

縦6.5cm 48g
銅 真鍮製


魚柄のワンピースを着た ガーリイな猫さんです
頼りなげな媚びたまなざしですが ふくよかな体つき
であるゆえに 重量がしっかりありまして結構な安定感です
 
普通こういうのを撮影するときはもっとカッコイイペンを
使うであろうに・・・見当たらなかったもので
でもまあ これはよくある油性ペンです対比で
大きさの感覚をつかんでいただけると思います

 

pens-2

 

猫王子 ペン立て
¥4800

たて 8cm 39g
銅 真鍮製

どうです なんとりりしい!(・・当社比)
剣を持つようにペンをもつ若き猫王子
ペンは剣より強し!とか言ってます
ただのボンボンではなく
ちゃんと国の平和のために戦ってます きっと


 

pens-3

 

雌豹さんペンたて
¥5200

高さ10cm 57g
銅 真鍮 瞳はスワロフスキー

若さはじける ギャルな雌豹さんペンたてです
クルクルっとした尾でペンを支えています
こちら 安定感もなかなか良いです

 

 

pens-4

 

花愛でる仏
¥5200→¥3900

高さ8cm 39g
銅 真鍮製


花を愛する優しげな仏
心温まる情景のペンスタンドです

良い絵面ですが 細いペンを立てると
お皿から少しはみ出してしまいそうなのが
残念です
少し改良の余地ありということで値下げします

pens-5

花下座仏 
¥5200

高さ9cm 60g
銅 真鍮製

癒し系仏ペンたて第二段

今回は花の下で座っていらっしゃいます
このユル加減は座禅じゃないです修行じゃないです
のんびりしてらっしゃいます

首をかしげてらっしゃるので ペンをたてても
お顔がちらりと見えます

pens-6

花愛でる仏 両手で花を・・
¥5200

高さ7.5cm 50g
銅 真鍮製

花めでる仏が好評だったのでポーズ違いをつくりました
お皿の彫りも 凝って花柄にしました

pens-7

舞亀 ペンたて
¥6900

たて8.5cm
横 8cm
84g 銅 真鍮製

なんで亀?なんで踊ってるんだよ!
とかいう質問一切答えられません

なんか突然思いついたとしか答えられないので・・

人々の心を落ち着かせるために日本の舞(流派とか知らない)
を舞う おすまし和顔の瑞亀さまです
手に持ってるのは日の丸のセンスで
瑞亀ゆえに生えてらっしゃる長い尾と日のまるの透かしで
がっちりペンをホールドしてます 
トレーは粋 を表したくて 桜流水紋でかっこつけました
ヨッ と自信ありげに舞を踊る亀
信頼と安定の舞 甲羅には福
粋で 技巧的  ペンたてとしての完成度高く
実にめでたい感じで
そしてなにより全体に漂うアホっぽさ!
こ・これは自分至上最高のペンたてです!
(まだ7体しかつくってませんが)

 

 

たかが一本のペンをたてるがために一体なんで
ここまでするの!?といった感じがしますが
ええと なんというか 日本の美というのは
そもそも 根付とか 欄間とか
たかがふすまの上の通気口みたいなもの
とか ストラップみたいなもの に
なんでそこまで命掛けて凝ってるの???!!
・・ということを繰り広げてきたわけで
遡りにさかのぼったら 無駄な激しさは縄文土器にまでに
いたるわけで
DNAに組み込まれた癖のようなものだということで
ペン1本たてるがために いろいろ無駄多きことをお許しください
私ごときのペンたてが日本の美とかいうのはおこがましいですが
とりあえずこの亀は 
(自分こそが美しきこの日の本の国を具現しているのだよ)
と思いながら舞っておるのです