●画像の作品が現在在庫にない場合もあります そのときは作らせていただきますが、寸分違わぬ同一のものは作れません(一点ずつ手仕事なので、すみません)
●サイズの書いて無いものは画像とほぼ実物大です
● 価格は作品の仕上がり・付属の石・金属価格の変動により前後いたします御了承ください  

臂釧 わかるひとにはわかる!菩薩になりきりアイテムです まさしくビーブッダ・成仏!

緑玉蓮弁の菩薩の臂釧
¥8500

46g 真鍮 水晶 アベンチュリン グリーンメノウ
一応フリーサイズですが 極端に二の腕が太い方は入らないかも・・
すみませんが・・・痩せてください

菩薩さまがつけてらっしゃる
二の腕につける銀の腕飾り(臂釧・ひせんと申します)
人間用に製作しました かなり力(リキ)の入った仏コスプレアイテム
です

上の透かしのあたりは 奈良の古代の仏教美術の世界で良く登場する
デフォルメされた蓮の蓮弁です
よく 仏の後背やアクセサリーのモチーフになっております
真鍮の薄い金色に緑と水晶が映える 爽やか臂釧です

金属の腕飾りに天然石のついたチェーンがついております 
シンプルにつけたい方は工具でチェーンの部分が簡単に外せます

 

つけると←↑こんな感じです
商品なので素肌につけるのがはばかられましたので服の上からつけてみました
これを作るに当たっての最大の問題 ずり落ちないか 人によって腕の太さがちがうけど
どうしようか?  はアジャスターをつけることで解決しました
つけるにあたってのコツは
まず最初にアジャスターをちょっときつめに付けてから 臂釧を二の腕までガっと持ち上げる
事です 少々食い込む感じくらいが丁度良いです
菩薩の臂釧第二弾です

今度は より ゴージャス よりマニアックに
法隆寺の百済観音さまが身に着けていらっしゃる
臂釧風味にしてみました だいぶアレンジを加えております


百済唐草紋 菩薩の臂釧
¥14000

一応フリーサイズです アジャスターで調節可能
47g 銅製 カーネリアン  ローズクオーツ使用

今回は銅の硫化着色のコントラストで渋エキゾチックに
まとめてみました
これを着けて歩いてて 
「あ!それ 百済観音っぽいじゃん」と
声をかけてこられる方がいらしましたら
きっとその方とは仏友になれるでしょう

菩薩の臂釧 第三弾 
唐草・奈良三彩
 と名づけてみます


¥15000
31g 金具パーツ部分18cm 腕周り最長27cmまで装着可能
真鍮製 カーネリアン アベンチュリン シトリン



透かし彫りをふんだんに入れた軽やかな唐草模様を
鮮やかな いにしえの都カラーの石で飾りました

朱・緑・黄の彩り は いにしえの奈良の都の建造物の彩色や器や衣装の配色に
使われていたと思います 

エンヤコラと細密な透かし彫りを入れたパーツ3つを合体させた労作だけあって
とても美しいと思います 仏度もUPです 

 


お客さまご注文品です とんでもなく季節を跨ぎにまたいで
お待たせしてしまいました

以前作った 百済観音風の唐草文様の腕釧の2012バージョン
です ¥14000

久々に作りましたが 今回の唐草文は
よりオリジナルに近くできたので個人的にとっても満足です

使用石は カーネリアン 水晶 銅製です
夏色 小麦肌に良く合う 菩薩だけどリゾート風な腕釧です

せっかくなので完成したら見れない 唐草文様の全容を
どうぞ
硫化着色前なのでピンク色です

ジャーン 

近年はあまり使われていない効果音とわかっていながらも
使わざるを得なかった
そんな 豪華な作品です

瑠璃色菩薩の腕釧(わんせん)

 

腕釧とは 二の腕につける腕飾りです
仏好きな方なら あ・・でも
とお気づきかもしれません
こちらの装身具 本来なら
左右の手首に一対 左右の二の腕に一対
合計4個でセットで菩薩様は身につけてらっしゃいます

が しかし 只人である ビーブッダの現在の製作能力では
一個作るのがやっとであります
仏好きな方々の 足りないジャン という声が聞こえてきそうですが
どうかご容赦ください

銅 真鍮製 螺鈿 水晶 寧楽ガラス チェコビーズ使用
63g 自分基準でつくったものですから
腕周り23cm以下の方がつけるとずり落ちます
細い人ごめんなさいです